忍者ブログ
大日本帝国は、何世紀にもわたってすこしずつ頽廃と崩壊をつづけていた。だがその事実を理解している数人の人間もまたここにいた。帝国の滅亡を回避するだけでなく、さらにそれを第一銀河帝国へと発展させるために必要な学問 「心理歴史学」 を完成させるため、我々は日夜文化と人間への探求を進めるのだ!!
Posted by - 2017.11.19,Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by watanavader - 2009.03.02,Mon
3月1日の映画の日


2008年「ベンジャミン・バトン 数奇な人生 The Curious Case of Benjamin Button」(159min)
船出するところぐらいまでは「コイツどうなるんだ?」と面白かったんだけどなぁ。なんてゆうかですね。ベンジャミンつまんない男です。友達いないのも納得の。奇妙かもしれないが面白くも興味深くもない人間。あらゆる人間の珍奇さ=特別なものになるもならないも、当人の人生の処し方という事だろう。まぁ映像は流石だし、観てる間は退屈しませんでした。今、こんなランタイム長かったのかよ!と思ったとこだし。
あとカンパニーロゴがベンジャミンの実家のボタン屋がらみだったんですけどね。なんであんなにボタン前面押しだったんだろ。全然重要じゃねぇし。てゆうかてっきり「コラライン」の予告だ!と盛り上がったのに裏切られた気分になってました。
   ★★


2008年「チェンジリング Changeling」(142min)
人情感動モノかと思って油断してたら途中急に始まるホラー展開に震え上がる。怖過ぎんだろ!マルコヴィイイッチッがどう考えてもイイ人なんだが、マルコヴィイイッチッなんで全然信用できなくて終始安心できない。そうゆう演出で・・・いいのか!?いや力作でした。「グラントリノ」楽しみだなぁ。
   ★★★


PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
最新コメント
[10/30 litt]
[08/13 Watanavader]
[07/28 litt]
[07/28 litt]
[07/10 litt]
プロフィール
HN:
watanavader
性別:
男性
自己紹介:
ここは二人の人間が管理してます。
第1発言者のwatanavader、
第2発言者のLitt。
基本Posted by watanavaderで、Littが発言する場合には“Litt wrote:”とことわりを入れる体裁をとっています。日夜文明の崩壊を回避する為、心理歴史学を駆使して世界を影から支えております。
(注意・心理歴史学はSF小説「ファウンデーション」に登場する学問です)
閲覧者数
アクセス解析
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]