忍者ブログ
大日本帝国は、何世紀にもわたってすこしずつ頽廃と崩壊をつづけていた。だがその事実を理解している数人の人間もまたここにいた。帝国の滅亡を回避するだけでなく、さらにそれを第一銀河帝国へと発展させるために必要な学問 「心理歴史学」 を完成させるため、我々は日夜文化と人間への探求を進めるのだ!!
Posted by - 2017.10.18,Wed
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by watanavader - 2009.02.06,Fri
2008年「007/慰めの報酬 Quantum of Solace」(106min)
期待値は超えず。というかボンドらしさが圧倒的に足らない。僕はボーンが見たい訳じゃないのだ。アクションシーンのワイドショットがないとやっぱボンド観たという気にならんよ。★★★


2008年「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー Hellboy II: The Golden Army」(119min)
1のほうがまだ新しいモン観たなぁという感じ。映像は凄いんだけどね。むしろ米はこんな趣味的な映画にどんだけ大金かけれんだよと若干心配になったぐらいだ。★★


2008年「ワールド・オブ・ライズ Body of Lies」(128min)
面白く観れたんだけどね。デカプーのキャラが適当すぎるんじゃないか?諜報の最前線の人間が普通に「いい人」というのには何らかの工夫が必要だろう。あとキモの作戦が、いざ獲物がエサに食いついたら、その事は考えてなかった的な雑さでショッパイ。★★★


2008年「地球が静止する日 The Day the Earth Stood Still」(103min)
大画面でお金のかかったSF映像を観られるだけで幸せ。でも人類を裁く賢い宇宙人かと思ってたのに、科学者一人に説得されて、「それもそうだな」的なさじ加減はどうかと思うよ。もっとよく考えてから地球に来いよ!ちなみにウィル・スミスの子役がウザイ。あいつのせいでヘリコプター2機の乗員が死亡した事を俺は忘れない。★★★


2008年「チェ 28歳の革命 Che: Part One」(132min)★★
2008年「チェ 39歳 別れの手紙 Che: Part Two」(131min)★★
ソダーバーグ監督とソリが合わないのは予想してたので、あくまで歴史の勉強のつもりで観に行きましたが、やっぱソリは合いませんでした。両作品ともうたた寝してしまいました。


2008年「その男ヴァン・ダム JCVD」(96min)
これはいいよ。面白かったよ。「ヴァン・ダムが銀行強盗!」
このセリフだけでOK。もう1回観たいなぁとすぐ思えたヴァンダミング映画なんていつぶりですか?吹替えが楽しみだ。でも展開はギャラ・クエみたいな嬉しい展開は見せず、最後までビターです。★★★

PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
最新コメント
[10/30 litt]
[08/13 Watanavader]
[07/28 litt]
[07/28 litt]
[07/10 litt]
プロフィール
HN:
watanavader
性別:
男性
自己紹介:
ここは二人の人間が管理してます。
第1発言者のwatanavader、
第2発言者のLitt。
基本Posted by watanavaderで、Littが発言する場合には“Litt wrote:”とことわりを入れる体裁をとっています。日夜文明の崩壊を回避する為、心理歴史学を駆使して世界を影から支えております。
(注意・心理歴史学はSF小説「ファウンデーション」に登場する学問です)
閲覧者数
アクセス解析
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]