忍者ブログ
大日本帝国は、何世紀にもわたってすこしずつ頽廃と崩壊をつづけていた。だがその事実を理解している数人の人間もまたここにいた。帝国の滅亡を回避するだけでなく、さらにそれを第一銀河帝国へと発展させるために必要な学問 「心理歴史学」 を完成させるため、我々は日夜文化と人間への探求を進めるのだ!!
Posted by - 2019.09.20,Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by watanavader - 2009.02.05,Thu


昨日4日にNHKのBS hi で「わたしが子どもだったころ」が押井監督でやってた。
なんと監督、親父さんが私立探偵だったらしい。しかもロクデナシ風の。ここだけでもう笑ってしまうんだが、再現ドラマの子役が気の毒なぐらい押井にクリソツでさらに爆笑。
途中監督のインタビューが混じるんだが、あれは監督の自室なのかなぁ?とにかく監督の後ろにある本棚が気になった。ぱっと目に入った範囲で分ったのは「銃夢」「EATER」「寄生獣」。

・・・我が手元にあるタイトルとやたらバッティング。狭いぜ。あとどんな本かは知らないが「ニューナンブ」というタイトルの本があった。渋すぎる!
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
最新コメント
[10/30 litt]
[08/13 Watanavader]
[07/28 litt]
[07/28 litt]
[07/10 litt]
プロフィール
HN:
watanavader
性別:
男性
自己紹介:
ここは二人の人間が管理してます。
第1発言者のwatanavader、
第2発言者のLitt。
基本Posted by watanavaderで、Littが発言する場合には“Litt wrote:”とことわりを入れる体裁をとっています。日夜文明の崩壊を回避する為、心理歴史学を駆使して世界を影から支えております。
(注意・心理歴史学はSF小説「ファウンデーション」に登場する学問です)
閲覧者数
アクセス解析
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]